Go Komatsu Architects

Idea

Daily Thoughts 日々の考え

アート作品を鑑賞する時間の長さはそれぞれの形式によってちがいます。たとえば絵画なら数分、映画は数時間、長編小説は数日。

建築は芸術作品ではないけど、ある建物と関わる時間は数十年におよぶ場合だってあるでしょう。

建築という形式は日常とすごく深く関わっていて、長い付き合いによってそこに居る人の体に染みこんでいくようなものじゃないでしょうか。

場合によってはその人の根幹にある部分に影響を与えることもあるかもしれません。

その時間性こそが建築の特異性だと考えています。
私はそのことに大きな責任を感じます。

表層的なデザインだけに留まらず、豊かな生き生きとした時間/建築を設計したいと思います。
人を元気にする、幸せにする時間/建築がいいと思います。

小松

SCROLL