Go Komatsu Architects

小平なみき保育園

計画地:東京都小平市
用 途:保育所
規 模:木造2階建
竣 工:2017年
写 真:淺川敏


2017年度こども環境学会賞デザイン奨励賞

Kodaira Namiki Nursery

Location : Kodaira-shi, Tokyo, Japan
Usage : Nursery
Completion:2017
Photo : Satoshi Asakawa

既存幼稚園に隣接して建てられた0~2歳児のための保育園の計画です。恵まれた敷地条件をいかして主な部分は平屋建てとして、ゆったりと流れる時間の豊かさや生活のたのしさを知ることができる建築をめざしました。
敷地は東西に長く南側に幼稚園の運動場、北側は畑へと開けた環境です。計画では南側から北側に行くにしたがって動→静、明→暗へと移り変わる場所の方向性を設定し、そのうえに諸々の機能空間と縁側テラスや中庭、広い廊下など機能を限定しない余白の空間を編み込むように配置しました。余白を設けることで、それぞれの場所を横断する意識や活動、回遊性が生まれ、それがゆったりとした空間の豊かさにつながると考えました。
屋根は幅、高さの異なる切妻屋根を連ねた形状をしており室内側には屋根の架構をあらわしにしています。切妻形式による包まれるような安心感とそれが集合することで広がりや陰影ある奥行きが生まれることを意図しました。天候に左右されず屋外で過ごせる場所がほしいという先生方の要望でもあった幅広の縁側テラスにも連続して切妻屋根を架け、室内と等価に扱うことで内外の関係にも内部―半屋外―外部というふくらみを持たせました。ここでも内外を横断する視線や動きが生まれ、光、風と相まって心地よい時間が流れる場所になりました。
また自主的に設けられた子育て支援室(保育園、幼稚園に通う園児のみではなく地域の子育て家庭を支援する機能、保育園の遊戯室と兼用)を道路側に独立した〈はなれ〉として建て、庇下を保育園のアプローチに利用すると同時に、地域との接点に場所を設けて施設と地域をつなぐ様々な活動が行われることを想定しています。
仕上げは乳幼児が長時間を過ごす場所だからこそ素朴な材料に手を入れながら使い続けられることが相応しいと考えました。あらわしの木架構の他、床に地場産の無垢材フローリング、畳、左官土壁やコンクリート洗い出しなどを用い、ざっくりとした雰囲気に仕上げました。園庭は里山の風景をイメージして武蔵野の在来樹木を植栽し、回遊性のある構成の中に丸太や廃タイヤを組み合わせて起伏のある砂場や緑のトンネルを設けるなど、豊かな外遊びのために大小様々な工夫を凝らしました。

SCROLL